日本認知症グループホーム協会山口支部設立


昨日、日本認知症グループホーム協会の山口県支部の設立総会を
複合型施設「自由の杜」の地域交流スペースで行った。
もう2年以上前にさかのぼるが、
岡山の矢山修一さんを山口市介護サービス提供事業連絡協議会の本部会研修にお招きしたときに、
全国組織で制度を造る国と渡り合っていかなければグループホームは大変なことになる、
と言われたことを鮮明に思い出す。
その後も何度もラブコールがあったが梅光苑でお引き受けしてきた山口県宅老所・グループホーム連絡協議会との関連もあり躊躇していた。
しかし県内協会の協会は全国組織のへの加入についてはなかなか意見がまとまらない。
今回の報酬改悪もあり、もう黙ってはいられないと支部立ち上げに動いた。
ここまで来れたのは竹内さんはじめ多くの方々の御蔭と深く感謝している。
しかし・・・・山口県はこの度の報酬改悪に文句は言えないと思った。
さぜなら文句を言っていけるシステム構築、
つまり制度を作る側である厚労省と協議するテーブルにはついていない。
全国組織の協会に加入していないのである。
大きな声でこぶしを高く降る上げないとこのままではグループホームはつぶされてしまう。
怒りが全身を駆け巡っている。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

  • random image
  • random image
  • random image
  • random image
  • random image
  • random image
  • 手作り看板出来上がり
  • random image
  • random image
  • random image
  • random image
  • random image