私たちの役割

先日、素晴らしいお話を聞いた。
山口県立大学江里理事長。
氏は高名なDrでもあるのだが、
心から日本の社会保障制度の将来を案じられていた。
ご存知のように日本の医療・介護費は
高齢化が進むとともにうなぎ上りだ。
後期高齢者医療費は1人当たり約92万円で国民平均(約30万円)の約3倍
75~79歳では約78万円と国民平均の2・6倍、
85歳を超えると1人あたり平均年間医療費が100万円を超える。
このままいけば2025年の医療費は国家予算の半分を超える54兆円に・・・
介護費の19.8兆円を加えれば73.9兆円にもなる。
なぜ高齢になるにしたがって医療費がこんなにかかるのか・・・
老衰に過大な医療投下は必要か、
高齢の末期癌患者に対して人工呼吸器は必要か・・・
胃ろうは・・・
IVHは・・・・
安らかなる老衰
本人が望む尊厳死
それを担うのは我々の役割ではないか・・・
もしそれが叶う時代が来れば、
社会保障制度は守れる。
それはすべて僕たちの双肩にかかっている。
江里先生は僕たちにしっかりとメッセージを送られた。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

  • random image
  • random image
  • random image
  • random image
  • random image
  • random image
  • random image
  • random image
  • random image
  • ガガ&陽子 がんばれ日本応援団
  • みんなで大掃除
  • random image