こどもの日

今日、5月5日は子供の日である。
僕が子供のころは、必ず5月の節句には鯉のぼりを上げていた。
鯉のぼりを上げなくなったのは、恐らく僕が小学校の高学年になったころだろう。
それまではいつも祖母と僕と兄とで上げていた。
その頃の古い鯉のぼりは紙が多くて、
くたびれた古い鯉のぼりは、風が強いとしっぽが切れて飛んで行った。
僕がよちよち歩きの頃、鯉のぼりを背景で撮った写真がある。
あの頃兄と二人、男の子が我が家に二人いるということでよほど嬉しかったのだろう。
3本も鯉のぼりが風に棚引いていた。
2005年ころを境に日本は出生数と死亡数が逆転した。
つまり人口減少が始まったのだ。
ひとつの会に来てくれた外国人技能実習生のドニとアンジャスの祖国、
インドネシアの人口は、ほぼ日本の2倍くらいであり、
島国という環境も一緒で島の数も日本の約2倍の数であるが、
しかし何よりもうらやましいのが毎年人口が300万人も増えているということだ。
僕が生まれた頃のように人口が毎年約100万人増えて、
鯉のぼりがそこかしこに棚引いている風景が復活することを望みたい。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

  • random image
  • random image
  • random image
  • random image
  • 海豚と書いてイルカです
  • random image
  • random image
  • random image
  • random image
  • 杜の名コンビ
  • random image
  • random image