これでいいのかなあ・・・

新コロナウィルスが世界中で猛威をふるっている。
感染者の増加の勢いが止まらない首都圏中心に、
小池都知事が提唱する「stay home」は正解だと思う。
しかしながら感染者が数名の山口県において、
首都圏と同じくらいの厳重な体制を山口県内でだけの話ではあるがとるべきではないと思う。
私の意見はあくまでも感染者が数名の山口県内においてという前提の話である。
これが東京や大阪等感染者がたくさん出ているところの話ではなく、
また頻回にこのような地域に行き来している人たちを対象としているのではなく、
活動範囲があくまでも山口県内に限られる人たちに申し上げたい。
私がよく行く人気の居酒屋さんの店主に新型コロナウィルスの影響は出ていると尋ねると、
店主が、もうやれません、厳しいです、
今月すでに300人を超えるキャンセルが出て電話に出るのが怖いんです。
店を始めて初めて恐怖感に駆られていますと一気に思いを吐き出した。
また山口でも有名な百年以上続く老舗料理店の4代目の同級生が、
流石にもうこれ以上は続けていくことは無理だ、
今ならだれにも迷惑をかけずに辞められるという。
何とか頑張れないか、もったいないなどと知る限りの言葉で励ましてはみたが、
彼は考えを変える様子は全くない。
老舗の味と技術は数世代にわたり脈々と受け継がれ磨かれてきたもの。
まさに文化であり宝だ。
その宝たちが消えようとしている。
皆さん、何とかしましょうよ。
このままでは地方の文化は、いや地方そのものが無くなります。
山口県版水際作戦で感染を持ち込まない仕組みを確立し、
逆に県内は今まで通り元気に活動できないかなあ…・
無理ですかね、皆さん?
山口県感染戦略鎖国作戦ってできませんかね・・・
桜の花も咲きますよ。
県内だけでも元気で頑張りましょう。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

  • random image
  • random image
  • random image
  • random image
  • random image
  • random image
  • random image
  • random image
  • random image
  • random image
  • random image
  • random image