忘れてはいけない

新型コロナウィルスの猛威は、まさに留まるところを知らない。
感染対策には感情論、人情論は排除しなければならない。
非感染区域であるひとつに会の施設内に、ウィルスを絶対入れてはならない。
見えざる敵に立ち向かうには、非感染区域と感染区域を明確にしなければなれない。
なぜなら感染区域からウィルスが入ってくる確率が多いからだ。
日本中の各地域が今、新型コロナの感染レベルがどいう状況下であるかを常に把握しなければならない。
しかし同時に我々が行っている福祉という仕事は何を目指しているにか、
何を一番大切にして行動をしているのかを考えなければならない。
福祉が目指すもの・・・それは人の幸せを守るということだ。
新型コロナを恐れるあまりすべての家族を会わせない。
それは感染対策ばかりに目を奪われ、一番大切なことを忘れている。
確かに感染多発区域からの訪問者は直接至近距離での利用者さんとの面会は絶対できない。
ならばほかの手段で面会ができないか・・・
ウェブで飲み会を行う人たちもいるように、ウェブでも面会はできる。
また屋外でソーシャルディスタンスを十分に保ち、
マスクやフェイスシードル、場合によっては防護服等の活用など方法はいくらでもある。
それらの判断基準を常に情報を集めつつ、状況に合わせて決めなければならない。
我々が非人間的ではいけない。
人が人を恋しがる。
それは当たり前の話だ。
冷静に適切な感染対策を行いつつも、人間的対応を私たちは行わなければならない。
なぜならそれが福祉に身を置くものの務めだからだ。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

  • random image
  • random image
  • random image
  • random image
  • random image
  • random image
  • 馬がいる!
  • random image
  • random image
  • random image
  • random image
  • クリスマスメニュー